サービスルームに隠されたマジックとサービス【マンションの不思議】

Sponsored Links

 

マンションのパンフレットで各タイプの間取りを見ている時に

いきなり、「???」となる可能性が一番高いのは
「サービスルーム」って何?

 

あなたは、サービスルームの意味を知っていますか?

今回は、サービスルームについて
お伝えしていこう。

 

まずは
「サービスルーム」の定義から

 

その前に、「居室」という言葉について説明するよ。
「居室」とは、人が長い間すごす部屋のこと。
つまり、マンションで言うと
「リビング」や「洋室」、「和室」などが該当する。

「トイレ」や「お風呂」で長い時間をすごす人も
いるかもしれないが、建築基準法という法律上では
該当しないよ。

 

そこで

「居室」となるには、色々な条件がある。
そこで、サービスルームに絡んでくるのが
「採光」という考え方。

 

少し説明を加えると

「太陽の光がどのくらい入るのか?」という基準。
その基準には、窓の大きさと窓の外の条件がある。
専門的になるのでこれ以上詳しくは述べないけど

 

結局

太陽の光が入らない暗い部屋は「居室」ではない。
ということ。

 

つまり

その、太陽の光が入らない暗い部屋で「居室」と
呼べないような部屋を「サービスルーム」と呼んでいる。

あとは、部屋の面積なども関係してくるけど
一般的には、「採光」絡みが多い。

 

具体的には

エレベーターの前など、部屋の外側の状態が
全面が手摺で開放感のある状態ではなく
「何らかの壁」のある部屋が該当しやすい

 

だって

昼も真っ暗な部屋で生活って
一般的にはあまり気が進まないよね。

 

次に

「サービスルーム」には人が住んでも良いのか?
という問題が浮上してくるはず。

 

もしも

「サービスルーム」を洋室と同じような使い方が
出来なければ、ライフスタイル自体計画しなおしだよね。
ちょっとの差で、「居室」にならなかった「部屋」を
物置にしか使えなかったら、かなりもったいない話。

 

仮に

契約した後に、今の話を聞かされたら

「契約解除だ~」

となりかねないくらいの話だよね。

 

でも

安心して欲しい。
今、手元にパンプレットなどの資料があれば
確認して欲しいのだけど

「サービスルーム」と「洋室」についている設備

 

つまり、
「給気口」「クーラースリーブ」「コンセント」「クローゼット」
などは、きっと同じように付いているはず。

それが何を意味するか分かるよね。
そう、「人が住むことを前提に設計されている」ということ。

 

実は

実際の部屋を見た時に、その部屋がパンフレットで
「洋室」と記載されているか?
「サービスルーム」と記載されているか?
ハッキリ言って、分からない。

 

暗黙の了解。
になっている。

 

つまり

サービスルームは、法律上では「居室」と
認められていないけど、実は住めるように整えていますよ。
という、売主側からの「サービス」。

 

そして

サービスルームを、日本語で同義語だと「納戸」。
あなたは、「納戸」を自分の部屋として与えられたら
嬉しいかな。

私なら、絶対に嫌だよね。
だって、納戸って「物置感満載」、
私は荷物じゃなくて、れっきとした人だぞ。

 

だから

「納戸」という表現を「サービスルーム」
と横文字に置き換えて、「実は部屋です感」を
前面に出している「マジック」でもある。

 

ちなみに

こちらでは、ブログでは書けない内容も
コッソリお伝えしているよ。

↓  ↓  ↓

TMの本音を知るにはこちらから

 

  • コメント: 0

Sponsored Links

関連記事

  1. マンションは夏は暑いと言うのは本当なのか?

  2. マンションのノンタッチキーシステムが欲しいと感じた瞬間とは?

  3. ルーフバルコニーのあるマンションは魅力的?建設時によくあったトラブルとは?

  4. 線路沿いや幹線道路沿いの住宅でチェックすべきポイントとは?

  5. マンションのバルコニーの戸境にある化粧柱の意外な効果とは?

  6. マンションのフローリングの表面は本当に木材なのか?

  7. こんなに違う?マンションのセキュリティと便利さの優先順位

  8. マンションでも2階建て生活!?メゾネット住宅とは?

  9. 新築マンション売れ残り!?何が原因なのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

プレゼント付き無料講座開催中

bp_banner10

目指せ!双方向コミュニティサイト

プロフィール

https://mansyonpro.com/wp/wp-content/uploads/2015/09/myImage.png

作者:T.M


私の職業は「建築現場の現場監督」。
しかも、今まで扱った部屋数は
10棟で1042戸。
いわば「つくり手としてのプロ」。

さらに結婚してから
「8年で6回転勤で引越し」の経験も。

そんな私に興味のある人はこちらから

↓  ↓  ↓

詳しいプロフィール


  1. ファミリアーレ矢田レジデンスの独断3つの評価ポイント

    2018.01.28

  2. V.C.(ヴィー・クオレ)レジデンス栄二丁目の独断3つの評価ポイント

    2018.01.21

  3. プレサンス ロジェ 四日市中央通りの独断3つの評価ポイント

    2018.01.14

  4. 中古マンションなどの不動産の非公開比率はなんと8割!情報ゲット…

    2018.01.08

  5. セカンドハウスローンはフラット35がオトクな理由とは?

    2017.11.01

  1. 突然ですが、皆様のご意見募集いたします。(双方向コミュニケーシ…

    2017.07.02

  2. マンションの内覧会でたくさん指摘すると嫌な人と思われるのか?

    2016.11.29

  3. 住宅購入者アンケートで5000円分のギフトカードを全員プレゼント

    2016.11.03

  4. マンションのモデルルームで全員に1000円分のギフトカードプレ…

    2016.10.15

  5. マンションを買い換える時に1番高く売却する方法はやっぱりこれ!

    2016.10.06

ブログランキング参加中


記事が役に立ったと感じたら
応援ポチ!お願いします。



引越作業 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 分譲マンションへ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram



おきてがみ

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー