不動産会社は1つ回ればいいの?【住まい探しのコツ】

Sponsored Links

 

内見をして物件を決めるときに

1つの不動産会社だけ回った方が良い?
それとも、複数の不動産会社を回った方が良い?

これって、初めは全く意識していないけど
いろいろ物件を検索していて、何個か希望の物件が
見つかった時点で、思いもよらずにフッとわいてくる問題だよ。

 

今回は、先に結論を述べるよ。
結論:「1つの不動産会社だけを回った方が良い」

 

なぜなら

複数の不動産会社を見ると、

・物件を決める即答が出来ない。
・複数の不動産会社でそれぞれ内見するので手間がかかる。
・内見した物件の比較や交渉がしにくい。
・複数社みて、最終的に決めた物件によっては再度訪問する必要がある。
・上記を考えると、非常に時間がかかる。

等のデメリットがあるから。

 

そのなかでも、最大のデメリットは
「時間が掛かるし、そもそも面倒くさい」だね。

 

ずっと前から、引越しが決まっていて時間がたっぷりある人は
別だけど、転勤などの人は「とにかく時間がない」。
しかも、年度末だったら「決めかねていると他の人が決める」可能性がある。

 

だから

手軽に素早く決めたいよね。
少なくとも、私はそのように感じているよ。

 

でも

あなたが実際にインターネットで物件を検索して
希望の物件が3つあったけど、扱っている不動産会社がバラバラ。
なんていうことも考えられるよね。

そんなときはどうするか?
我が家の方法をお伝えするよ。

 

まず

希望の物件が3つで扱っている不動産会社がバラバラなら
「その中でも1番心がときめいた物件」を1つ選ぶね。
もし、迷ったとしても取りあえず決めてね。

 

次に

その決めた物件を扱っている不動産会社のみに絞って
「再度、物件探しを行ってみる」
片目を半分くらいつぶるくらいの条件で検索すると
なんとなく第2候補、第3候補に近い物件が出てくるはず。

そこで、これが2番手、3番手でも良いかな?
と感じる物件が出てくれば、そこで終了。
いざ内見、だよ。

 

さらに

最初の第1候補で納得いかなかったら
第2候補、第3候補で試してみても良いよね。

そこで

それぞれの不動産会社で候補を出してみて
・第1候補に1点勝負をかけるか?
・第2候補、第3候補が安定している所にするか?
の2点に絞って

「あなたの心が1番振れた不動産会社」を選ぶと良いよね。

 

最後に

それでも納得いかなかったら
第1候補の会社に、「この第2候補の物件扱っていますか?」
と聞いても良いよ。

ホームページでは載ってないけど、実は扱っています。
という事も十分に考えられるよ。

 

しかし

1番良いのは、今までの内容を理解したうえで
「最初にら第1候補を決めて、同じ不動産会社で第2候補、第3候補をきめる」
という方法が手戻りがなくてベストだと私は感じるよ。

 

つまり

不動産会社を回るなら1つに絞った方が良い。

1つに絞ることで、不必要に迷うことなく物件が決めやすい。
絞り方は、「第1候補」を決めて、その不動産会社を選ぶと効果的。


更に

1つの不動産会社だと、あの物件が良いけど「もう少し家賃安かったら」
というお願いも、同じ担当者だから交渉してくれる可能性もあるよ。
そうなったらラッキーだね。


だから

今回の記事を踏まえて改めて物件検索するなら
この記事も合わせて読むと、あなたの理解が深まるよ。

↓  ↓  ↓

住まいを探す時に1番優先する項目とは?

 

  • コメント: 0

Sponsored Links


関連記事

  1. 賃貸住宅の内見で驚きのギャップ【住まい探しのコツ】

  2. 賃貸住宅の内見で不動産屋さんの策略にはまらないための秘訣

  3. 内見時に子育て世代の入居率をチェック可能な3つのポイント

  4. 引越し先の公園デビューを何処にするか?と言う悩み

  5. 新しい住まいからスーパーやコンビニ等の距離について考えた結果

  6. 車を引越し先の生活手段とするか?【住まい探しのコツ】

  7. 子育て世代の引越し先で上手に暮らす為の秘訣とは?

  8. 転勤決まったよ。と旦那に言われて最初にすべき事とは?

  9. 引越し先で希望の幼稚園を探すための失敗しないコツ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付き無料講座開催中

bp_banner10

目指せ!双方向コミュニティサイト

プロフィール

https://mansyonpro.com/wp/wp-content/uploads/2015/09/myImage.png

作者:T.M


私の職業は「建築現場の現場監督」。
しかも、今まで扱った部屋数は
10棟で1042戸。
いわば「つくり手としてのプロ」。

さらに結婚してから
「8年で6回転勤で引越し」の経験も。

そんな私に興味のある人はこちらから

↓  ↓  ↓

詳しいプロフィール


最新記事・おすすめ記事

  1. 中古マンションなどの不動産の非公開比率はなんと8割!情報ゲット…

    2018.01.08

  2. セカンドハウスローンはフラット35がオトクな理由とは?

    2017.11.01

  3. マンション投資に二の足を踏む3つの不安要素とは?

    2017.10.11

  4. マンションに投資するのは富裕層だけの特権という認識は正しいか?

    2017.10.04

  5. 不動産を売却する場合に信頼できる会社だけに相談すれば良いか?

    2017.09.27

  1. 突然ですが、皆様のご意見募集いたします。(双方向コミュニケーシ…

    2017.07.02

  2. マンションの内覧会でたくさん指摘すると嫌な人と思われるのか?

    2016.11.29

  3. 住宅購入者アンケートで5000円分のギフトカードを全員プレゼント

    2016.11.03

  4. マンションのモデルルームで全員に1000円分のギフトカードプレ…

    2016.10.15

  5. マンションを買い換える時に1番高く売却する方法はやっぱりこれ!

    2016.10.06

ブログランキング参加中


記事が役に立ったと感じたら
応援ポチ!お願いします。



引越作業 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 分譲マンションへ
にほんブログ村

人気記事ランキング

月間週間デイリー