クロスの汚れを落とす魔法の○○【賃貸住宅のトラブル】

Sponsored Links

 

賃貸住宅だと、部屋を汚す訳には行かないよね。
だって、最後に敷金から引かれちゃうからね。

最後の立会で、不動産屋さんに
「これは、あなたがつけた汚れですよね」
「クロス張替えになりますから◯万です」

となったら、ショック!!

だから

あれ、ここに汚れあった?

不意に壁のクロスについた汚れを見つけた時は
凹むよね。
 
私も、落ちない汚れを見つけた時は凹むね。

でも

どうやったら落ちるんだろう?
洗剤で洗って良いの?
そもそも、クロスって何で出来ているの?
 

実は

クロスが何で出来ていて、お手入れするには
どうすれば良いか?

ということを、知っている人は非常に少ない。
そして、汚れを落とす努力をしている人も非常に少ない。

なぜなら

クロスが余計ひどくなってしまうのでは?
という恐れがあるから。

でも

賃貸住宅のほとんどの場合
(デザイナー住宅など凝ったクロスを使用している場合を除く)
「ビニールクロス」が貼られている。

「ビニール」ってあの「ビニール」?
そんなものでクロスって出来てるの?

とあなたは思うかもしれない。

でも、その「ビニール」で出来ているのだ。
そうと聞いたあなたは、
なぜが「安心した気持ち」にならないだろうか。

それは

「ビニール」という、周りにありふれた素材。
そして、少々手荒に洗っても、汚れが落ちるイメージ。
そんな身近な存在としての「安心した気持ち」を。

では

ご家庭でお手軽に汚れを落とすにはどうすれば良いのか?
素材がビニールだと話は早いよね。

そこで

私が仕事でも使用している方法を特別に教えよう。

でも、マジックでの汚れとかは効果ないよ。
基本的に、
手垢のような何かがこすれて出来たような汚れや、
ホコリが壁についてしまって取れなくなった
あの「ぼや~と黒っぽい汚れの場合」が今回のメイン。

まず

水分のあるものでふくと滲んでしまうようなものは
「消しゴム」を使ってみよう。

消しゴム?? って声が聞こえてきそうだけど

実際、自分で出来上がった部屋の検査をしていると
ちょっとの汚れは、消しゴムで落としているよ。
「マジ~」と思う方は騙されたと思ってやってみて頂戴。

でも、気をつけてね。
あんまり力一杯こすると、クロスに良くないから
最初はゆっくりで徐々に力を入れてこすってみてね。

それでダメなら
固く絞った雑巾、若しくは中性洗剤をつけたスポンジ

クロスは、ビニール製なので、中性洗剤ならOKだよ。
それを濡れたスポンジに含ませてこすってみる。

最初に勇気がいる人は目立たない所で試してみてね。

これが
クロスが「ビニール製」であることの強みだよ。
これで落ちたら嬉しいよね。

それでも
ダメなら、アルコール
これは、事前に目立たない所で必ず試してみてね。
あまり、無茶はしないように!

しかし

そこまで頑張れば、大分クロスの汚れは減っているはず。
ぱっと見の第一印象はきっと良くなっているはず。

つまり
 
クロスの汚れを落とすには
・消しゴム
・中性洗剤をつけたスポンジ
がオススメ。
 
それでダメなら、アルコールと言う手も。
でも、これは事前に見えない所で試してみてね。
 
 
ちなみに
T.Mさんって、何をやっている人?と気になった方は
プロフィールも合わせて読んでね。
 
↓  ↓  ↓
 
プロフィール

  • コメント: 0

Sponsored Links


関連記事

  1. 賃貸住宅の入居者の夢!マンションの分譲賃貸とは?

  2. 転勤族時代は年末の大掃除をどのようにしていたのか?

  3. 内覧会の裏側!隅に溜まった汚れの指摘は○○で簡単お掃除

  4. フローリングの傷を自分で直す秘訣!【賃貸住宅のトラブル】

  5. マンションの設計変更で車いす対応する場合の7つの注意点(1)

  6. マンションの24時間換気システムって電気代の無駄なのか?

  7. 内覧会の指摘事項の裏側!クロスの傷はどうやって直すのか?

  8. マンション内でWifiの電波が弱いと感じた時に私が挑戦した事とは?

  9. 新築マンションのクロスを変えるだけで気分も機能も一新【設計変更】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付き無料講座開催中

bp_banner10

目指せ!双方向コミュニティサイト

プロフィール

https://mansyonpro.com/wp/wp-content/uploads/2015/09/myImage.png

作者:T.M


私の職業は「建築現場の現場監督」。
しかも、今まで扱った部屋数は
10棟で1042戸。
いわば「つくり手としてのプロ」。

さらに結婚してから
「8年で6回転勤で引越し」の経験も。

そんな私に興味のある人はこちらから

↓  ↓  ↓

詳しいプロフィール


最新記事・おすすめ記事

  1. 中古マンションなどの不動産の非公開比率はなんと8割!情報ゲット…

    2018.01.08

  2. セカンドハウスローンはフラット35がオトクな理由とは?

    2017.11.01

  3. マンション投資に二の足を踏む3つの不安要素とは?

    2017.10.11

  4. マンションに投資するのは富裕層だけの特権という認識は正しいか?

    2017.10.04

  5. 不動産を売却する場合に信頼できる会社だけに相談すれば良いか?

    2017.09.27

  1. 突然ですが、皆様のご意見募集いたします。(双方向コミュニケーシ…

    2017.07.02

  2. マンションの内覧会でたくさん指摘すると嫌な人と思われるのか?

    2016.11.29

  3. 住宅購入者アンケートで5000円分のギフトカードを全員プレゼント

    2016.11.03

  4. マンションのモデルルームで全員に1000円分のギフトカードプレ…

    2016.10.15

  5. マンションを買い換える時に1番高く売却する方法はやっぱりこれ!

    2016.10.06

ブログランキング参加中


記事が役に立ったと感じたら
応援ポチ!お願いします。



引越作業 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 分譲マンションへ
にほんブログ村

人気記事ランキング

月間週間デイリー