杭が支持層まで届かない?あなたならどうする?天使と悪魔の囁き

Sponsored Links

 

杭を打つために所定の深さまで掘ってみたら
支持層(建物を支える硬い地盤)に届いていなかった。

 

さあ、どうする?

 

冷静に質問されると、99%の建築の技術者が

「支持層が出るまで掘るべき」

と、答えるだろう。
当たり前のことである。

 

しかし

本当に、冒頭のトラブルの
当事者で、その瞬間に立ち会った時に
はたして、冷静な判断が出来るのだろうか?

 

例えば

あなたは、交通事故で人をひいてしまったら

「救急車を呼びますか?」
「逃げますか?」

と言われた時に、99%の大人は
「救急車を呼ぶ」
と答えるよね。

 

では

なぜ、ひき逃げや当て逃げが
後を絶たないのだろうか?

99%の大人が「救急車を呼ぶ」のであれば、
ひき逃げなんて年に数回しか
起こらないのでは無いのか?

 

実際は、
平成26年度版犯罪白書によると
平成25年度でひき逃げ事件が約10000件弱も起こっている。

ちょっと、それはそれでビックリな件数。

そんなにあるの? ひき逃げ事件。

 

つまり

人間、その当事者になった時に普段では当たり前な
冷静な判断がとれない
事が往々にしてあるということ。

 

その瞬間に、悪魔の囁きが耳元で聞こえてくる
ということ。

 

なぜなら

私も、過去に杭を打つために掘った時に、
所定の深さまで掘っても支持層まで届かなかった
ことを経験したことがあるから。

 

確か

その現場は、かなりの杭の本数があったのだが
支持層が1~2mくらい浅い所でず~っと出ていた。

 

だから

安心をしていた。
この現場では、支持層が出ないということは無いだろうと。

 

しかし

作業員さんから、
「支持層が抜けた」
(硬い地盤を掘っていくと、その先が柔らかい地盤だったという意味)

という報告を受けた時には、

一瞬だけど、いろいろ考えたね。

 

悪魔の囁き的には

・支持層まで届く杭を作りなおすなら 2~3週間かかる。
 そうなると、予定が大きく狂う。
 約束した期日まで建物を完成させるのが困難になる。

・杭を打つ機械を2~3週間、そのままおいておくと
 すごい金額がかかる。
 (大きな機械だと1日30万とか保証してほしい。ということもザラ)

などなど。

 

きっと、大きく悩むのは「時間」と「お金」かな。
その瞬間は、実際に体験してみると、とっても惜しいように感じられるよ。

 

しかし

天使の囁きの方が勝った。
(勝っていなかったら、こんな記事書いてないけど)

勝因は

「もし、バレたら建物作り直しくらい、
 シャレにならない事態になる」という危惧。危機感。

 

この結論は

私たち、現場監督の人間も、杭の担当者も、作業員さんも
意見は一致した。

 

だから

支持層まできっちり杭を入れよう。

ということで、杭を継ぎ足す方向に決断したね。
良かった。みんな天使の方が勝って。

その時は、「時間」も「お金」も余分にかかったけど
後からかかる、お金と時間に比べると小さなもの。

 

もしも

悪魔の方が勝っていたら、ゾッとするよ。

でも、建築現場での大きなトラブルって
結構、そんな判断の間違いで起こったりするから実は怖い。

 

1つの判断ミスが

何億円、何十億円の損害を産んだりする。
このスケール感が怖い。

と常日頃からヒシヒシと感じながら仕事してます。

 

ちなみに

この時の杭は、旭化成建材の杭だったけど
「担当者」も「作業員さん」も素晴らしかったよ。

 

更に

横浜のマンションの件の記事は4記事目。
あと3つ書いているので
良かったら合わせてお読み下さい。

↓  ↓  ↓

施工不良!三井住友建設のマンションが傾いた件で感じた疑問

傾いたマンションを直す?【補修方法の可能性を考えてみた】

旭化成建材の社長が悪意と言った訳とは?【横浜の傾いたマンション】

 

  • コメント: 0

Sponsored Links


関連記事

  1. マンションの品質を決定付けるのは売り主?施工会社?それとも?

  2. マンションのパンフレットにある溶接閉鎖型フープって何?

  3. マンションにはマスターキーは存在するのか?逆マスターキーとは?

  4. 施工不良!三井住友建設のマンションが傾いた件で感じた疑問

  5. ALCって何?鉄筋コンクリート造なのに壁がコンクリートじゃ無い?

  6. 免震マンションが地震時に安全って本当はどんな構造か知ってる?(1)

  7. 傾いたマンションを直す?【補修方法の可能性を考えてみた】

  8. マンションに実はマスターキーが存在した?工事用マスターキーとは?

  9. マンションの火災報知器の種類は熱感知か?煙感知か?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付き無料講座開催中

bp_banner10

目指せ!双方向コミュニティサイト

プロフィール

https://mansyonpro.com/wp/wp-content/uploads/2015/09/myImage.png

作者:T.M


私の職業は「建築現場の現場監督」。
しかも、今まで扱った部屋数は
10棟で1042戸。
いわば「つくり手としてのプロ」。

さらに結婚してから
「8年で6回転勤で引越し」の経験も。

そんな私に興味のある人はこちらから

↓  ↓  ↓

詳しいプロフィール


最新記事・おすすめ記事

  1. 中古マンションなどの不動産の非公開比率はなんと8割!情報ゲット…

    2018.01.08

  2. セカンドハウスローンはフラット35がオトクな理由とは?

    2017.11.01

  3. マンション投資に二の足を踏む3つの不安要素とは?

    2017.10.11

  4. マンションに投資するのは富裕層だけの特権という認識は正しいか?

    2017.10.04

  5. 不動産を売却する場合に信頼できる会社だけに相談すれば良いか?

    2017.09.27

  1. 突然ですが、皆様のご意見募集いたします。(双方向コミュニケーシ…

    2017.07.02

  2. マンションの内覧会でたくさん指摘すると嫌な人と思われるのか?

    2016.11.29

  3. 住宅購入者アンケートで5000円分のギフトカードを全員プレゼント

    2016.11.03

  4. マンションのモデルルームで全員に1000円分のギフトカードプレ…

    2016.10.15

  5. マンションを買い換える時に1番高く売却する方法はやっぱりこれ!

    2016.10.06

ブログランキング参加中


記事が役に立ったと感じたら
応援ポチ!お願いします。



引越作業 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 分譲マンションへ
にほんブログ村

人気記事ランキング

月間週間デイリー