Warning: Use of undefined constant TABBER_TABS_DIR - assumed 'TABBER_TABS_DIR' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mansyonpro/mansyonpro.com/public_html/wp/wp-content/plugins/tabber-tabs-widget/tabber-tabs.php on line 31
アウトフレーム設計のマンションで陥りやすい事故とは? | プロが教える失敗しない新築マンション購入への道

アウトフレーム設計のマンションで陥りやすい事故とは?

Sponsored Links

 

前回はアウトフレーム設計のマンションのメリット、
デメリットについてお伝えした。

今回は、あなたがアウトフレーム設計のマンションに
住むとしたら気を付けておいて欲しいことをお伝えする。

 

まずは

一般的なマンションとアウトフレーム設計のマンションで
見た目に一番違うのが「バルコニーの手すり」である。

具体的に言うと、アウトフレームではない一般的なマンションは
バルコニーは片持ちスラブ(キャンチスラブ)となっており、
例えるなら、あなたの腕を「前にならえ」している状態を想像すると
腕の部分がバルコニーに当たる。

 

すると

バルコニーの先端、つまり腕でいうと「手」の部分が重いと
腕や体に負担が掛かるよね。

 

だから

バルコニーの手すりのコンクリートは薄かったり、
アルミなどの軽い材料で設計されている。

 

しかし

アウトフレーム設計のマンションのバルコニーの手すりは、
構造体なので「梁」が代用される。

 

私が何を言いたいかというと、一般的なマンションと
アウトフレームのマンションでは「手すりの幅」が違う。

 

具体的には

一般的なマンションが15cm程度であれば、
アウトフレームのマンションは40~60cmくらい。

 

すると

幅の広い場所には「登ってみたり」「物を置いてみたり」
したくなってしまうのが人間の心情だよね。

 

だから

アウトフレーム設計のマンションでは「子供の転落事故」や
「物の突風などによる落下事故」の危険がある。

どちらも、人命にかかわる重大な事故につながってしまう。

「そんなつもりじゃ無かったのに!」

と後悔はしたくないよね。

 

つまり

アウトフレーム設計のマンションで陥りやすい事故とは、
一般的なバルコニーが構造的に張り出している場合の手すりに比べ、
アウトフレームの梁の場合の手すりは幅が広い。

 

すると

子供が梁の上に乗ったり、観葉植物などを載せたりしたときの
バランスを崩したり、強風による落下事故という懸念が大きい。

「あっ!」と思った時には「時すでに遅し」なので、
日頃から気を付けておく必要が有るかもね。

 

だけど

夏だと網戸にしていたりすると子供が気付かずに外に出てたり
するから危険だよね。

だけど、ずっとエアコンというのも財布にも体調的にも
不安なあなたは、玄関側はこちらで対応してみてはいかがかな?

↓  ↓  ↓

マンションの中住戸の風通しを改善!暑い夏を乗り切る必須アイテム

 

お盆休みが有るので次回は20日にします。

 

  • コメント: 0

Sponsored Links


関連記事

  1. マンションの間取りが普通過ぎるという不満を持っているあなたへ

  2. マンションのキッズルームは消極的な性格の新米ママさんにオススメ

  3. バルコニーの排水溝にある塗膜防水は水漏れの苦労の歴史である

  4. マンションの間取りトラブル!家族が増えた場合どうする?

  5. 洗面所で気づいた実際に住んでみてやっぱり不便なリネン庫とは?

  6. マンションの和室の押入に来客用の布団が入らない?

  7. マンションの間取りは高くても角部屋か?価格を抑えた中部屋か?

  8. サービスルームに隠されたマジックとサービス【マンションの不思議】

  9. マンションのセキュリティーのチェックポイント5か条(2)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付き無料講座開催中

bp_banner10

目指せ!双方向コミュニティサイト

プロフィール

https://mansyonpro.com/wp/wp-content/uploads/2015/09/myImage.png

作者:T.M


私の職業は「建築現場の現場監督」。
しかも、今まで扱った部屋数は
10棟で1042戸。
いわば「つくり手としてのプロ」。

さらに結婚してから
「8年で6回転勤で引越し」の経験も。

そんな私に興味のある人はこちらから

↓  ↓  ↓

詳しいプロフィール


  1. 中古マンションなどの不動産の非公開比率はなんと8割!情報ゲット…

    2018.01.08

  2. セカンドハウスローンはフラット35がオトクな理由とは?

    2017.11.01

  3. マンション投資に二の足を踏む3つの不安要素とは?

    2017.10.11

  4. マンションに投資するのは富裕層だけの特権という認識は正しいか?

    2017.10.04

  5. 不動産を売却する場合に信頼できる会社だけに相談すれば良いか?

    2017.09.27

  1. 突然ですが、皆様のご意見募集いたします。(双方向コミュニケーシ…

    2017.07.02

  2. マンションの内覧会でたくさん指摘すると嫌な人と思われるのか?

    2016.11.29

  3. 住宅購入者アンケートで5000円分のギフトカードを全員プレゼント

    2016.11.03

  4. マンションのモデルルームで全員に1000円分のギフトカードプレ…

    2016.10.15

  5. マンションを買い換える時に1番高く売却する方法はやっぱりこれ!

    2016.10.06

ブログランキング参加中


記事が役に立ったと感じたら
応援ポチ!お願いします。



引越作業 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 分譲マンションへ
にほんブログ村

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー