フローリングのコーティングは選ぶな!【マンションのオプション】

Sponsored Links

 

フローリングに誤って水をこぼしても大丈夫。
小さなお子さんのいる家庭には最適。

と、色々なうたい文句で魅力的な
フローリングの床のコーティング。

 

しかし

私はフローリングのコーティングの
オプションを絶対にオススメしない。

 

なぜなら

フローリングというのは、
当然ながら木で出来ているから。

そして木は呼吸をしているから。

 

たまには、木では無いものもあるが
一般的にマンションなどで使用されているのは
木(合板)を使ったフローリングが主流。

 

まず

「木というのは呼吸をしている」。というのは
空気中の水分を吸って、多少なりとも
延びたり縮んだりするのだ。

 

もしかしたら
梅雨の時期に、フローリングが床鳴りを
してしまうお部屋もあるかもしれない。
その床鳴りも、木材の湿気による「延び」が
原因であることが多い。

 

しかし

フローリングにコーティングをするということは
その呼吸口を全て塞いでしまうということ。
まさに、窒息状態。

 

例えるなら

1年365日ず~~っと、厚化粧をしたままの状態。
厚化粧を取らずに、毎日生活している状態。

 

でも

見た目は、厚化粧のおかげでピッカピカ。
しかし、下地の素肌はどうだろう?
あなたがもし女性なら容易に想像つくよね。
多分、恐ろしいことになっているはず。

 

では

ワックスはどうなんだろう?
ワックスは表面自体はピッカピカだけど、
フローリングとフローリングの隙間の部分は
ワックスがかかっておらずに隙間が空いている状態。

 

もし

ワックスが、隙間に入り込んでいても
歩くと、「パキッ」と割れて隙間が生まれる。

その隙間から、フローリングは
呼吸をしているのだ。

 

しかし

コーティングは話が違うよね。

「水がこぼれても大丈夫」なら隙間があると
「大丈夫」では無くなってしまう。

 

だから
そんな隙間があってはいけない。
ということは、呼吸なんてとんでもない話だよね。

 

次に

フローリングのコーティングって高くない?

リビングだけで20万円とかって普通にするよね。

全部屋やったら50万円くらいはかかってしまう。

 

そんな所にお金掛けるなら、
もっちもっと違う所にお金かけようよ。
と私は感じる。

 

最後に

このフローリングのコーティングを進めないのは
私だけの意見ではない。

とあるマンションデベロッパーのメンテナンス部門
つまり入居してからのクレームなどを対応する部署の人も
内覧会と呼ばれる購入者さんが実際のお部屋をみる会で
「絶対してはいけない」と力説しているのを見たことがある。

 

私なんかが言うより、毎日クレームの対応などをしている
彼がいう言葉の方が、数倍も重みがある。

その彼が言うのだから、間違いないと私は感じるよ。

 

つまり

フローリングのコーティングは
フローリングの木材の呼吸という観点からオススメしない。

 

もし

小さなお子さんがいて、水をこぼすのが気になるのであれば
防水機能のあるマットを、テーブルの下などに敷くと効果的。
ちなみに、我が家もそうしているよ。

 

更に

フローリングについては、こんな記事もあるよ。

↓  ↓  ↓

フローリングの傷を自分で直す秘訣!

  • コメント: 0

Sponsored Links


関連記事

  1. オプションのカップボード(食器棚)を買うメリット・デメリット

  2. マンションの電気のスイッチ(コスモシリーズ)は優しい設計

  3. 新築マンションの内覧会で建築業界人の同行を頼むデメリット(1)

  4. オプション販売会で商品を購入するメリット・デメリットとは?

  5. マンション内でWifiの電波が弱いと感じた時に私が挑戦した事とは?

  6. 新築マンションの家具選びのコツとは?【色決めのセオリー】

  7. 転勤族時代は年末の大掃除をどのようにしていたのか?

  8. 新築マンションの家具選びに迷った時の2つのコツとは?

  9. マンションのユニットバスが魔法瓶浴槽ってどういう事?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付き無料講座開催中

bp_banner10

目指せ!双方向コミュニティサイト

プロフィール

https://mansyonpro.com/wp/wp-content/uploads/2015/09/myImage.png

作者:T.M


私の職業は「建築現場の現場監督」。
しかも、今まで扱った部屋数は
10棟で1042戸。
いわば「つくり手としてのプロ」。

さらに結婚してから
「8年で6回転勤で引越し」の経験も。

そんな私に興味のある人はこちらから

↓  ↓  ↓

詳しいプロフィール


最新記事・おすすめ記事

  1. 中古マンションなどの不動産の非公開比率はなんと8割!情報ゲット…

    2018.01.08

  2. セカンドハウスローンはフラット35がオトクな理由とは?

    2017.11.01

  3. マンション投資に二の足を踏む3つの不安要素とは?

    2017.10.11

  4. マンションに投資するのは富裕層だけの特権という認識は正しいか?

    2017.10.04

  5. 不動産を売却する場合に信頼できる会社だけに相談すれば良いか?

    2017.09.27

  1. 突然ですが、皆様のご意見募集いたします。(双方向コミュニケーシ…

    2017.07.02

  2. マンションの内覧会でたくさん指摘すると嫌な人と思われるのか?

    2016.11.29

  3. 住宅購入者アンケートで5000円分のギフトカードを全員プレゼント

    2016.11.03

  4. マンションのモデルルームで全員に1000円分のギフトカードプレ…

    2016.10.15

  5. マンションを買い換える時に1番高く売却する方法はやっぱりこれ!

    2016.10.06

ブログランキング参加中


記事が役に立ったと感じたら
応援ポチ!お願いします。



引越作業 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 分譲マンションへ
にほんブログ村

人気記事ランキング

月間週間デイリー